2006年 07月 12日
すばる天文台見学!
a0055218_652583.jpg
マウナケアロードの入り口からマウナケアを臨んで。雲がこんなところに!

マウナケア山頂にはいくつも天文台がある。○球のあるきかたによると、

(1)晴天の日が多く
(2)水蒸気が少なく
(3)大気が安定していて
(4)夜空も暗く
(5)交通の便がいい!

こういう良い条件を備えた場所は地球上でも3カ所しかないらしい。
(他の2カ所はチリのアンデスとアフリカ西海岸のカナリー諸島)
この一角にあるのが日本の「すばる」。(CMでもおなじみね。)
この中を見学できるって知ってた??
一般公開されていて、ガイドツアーがウェブ上から申し込める
※リンクが切れていたので修正しました(2013年5月)状況は随時変わりますので詳細はサイトをご確認下さい。
※この記事は2006年7月のものです。









旦那の同僚の奥様Sさんのお友達がすばるに勤務されていて
情報を持ってきてくれた。
帰国前にぜひ、見学に行きたいね〜!と
もうひとりの奥様Hさんと3人でもりあがり行くことに。

まるで「某社婦人会」ね。婦人会活動報告をしなくては!(爆)
...ってただの友達同士の日帰り旅行なんだけどね〜。



マウナケアはサンセットが有名だけど、すばるの見学は昼間のみ。
昼にのぼるのは初めてだ〜。
しかも女性だけで自力で行くなんて。これも初めて。
しかも山頂へは4WDが楽なので、チェロリンの登場です!
てことは私の運転。大丈夫か〜?


見学は11:30からだけど、オニヅカビジターセンターでの休憩時間なども含めて、
コナを7時30分に出発。
眠いです...

でも、道は空いていて9時30分には到着。思ったほど大変ではなかったよ。
ビジターセンターでは30分の休憩が義務づけられてますが、
銀険草を見に行ったりして1時間ものんびり。
昼間だし日差しもありちょっと涼しいくらい。気持ちいい〜。


そして山頂へ〜!こちらがすばる天文台。
a0055218_67531.jpg

しっかり上着を持ってきたけど、山頂はやっぱり寒いです...。

時間になったので内部へ。
a0055218_673920.jpg
(左)オペレーション棟(右)入り口。こっから入ります。


内部はひんやり...。
外部との温度差によりレンズが歪まないように
室内を常に冷やしているのですごーく涼しい(寒いともいう)。
しかも空気がうすいのでちょっとふらふらしています。


入ったら最初に同意書にサインして、ヘルメットを各自装着。
現場見学に来たみたいね〜。
a0055218_675793.jpg
(左)すばるの模型(右)ヘルメットをかぶったSさん、Hさん


ガイドAさん(日系ハーフ?のちょっとイケメン)と
Sさんのお友達Hさん(さっぱりした素敵な女性)まで付いてくれてのガイドツアー。贅沢!


さて、すばるの内部をご紹介。
a0055218_682074.jpg
望遠鏡の下部。ここに世界最大のレンズがはまっている。
261本の伸び縮みする支柱で下から支えていて、ゆがみを調整する。
これがかなり精密でたとえば、一円玉1個のせたとしてもわかるらしい。
レンズは何年おきかに外して洗って
(水でじゃぶじゃぶ洗って、そのあと塩酸で洗うんだって)、
鏡を磨き直す。


望遠鏡全景。でかくてうまく入りません。
a0055218_683969.jpg
望遠鏡自体は前後には動くのだけれど、
左右に回すときは建物自体をまわして動かすんだって。


部屋の上についているクレーン。
a0055218_69169.jpg

UFOキャッチャーみたいな感じになっていて、作業などいろいろ行うらしい。

レンズを留めているねじ。
a0055218_692141.jpg
かなりずっしりしています。

途中の窓から隣のKECK1&2号(アメリカの天文台)が見える。
a0055218_6415780.jpg



Hさんもいて下さったおかげでさらにいろいろなお話を聞くことができ、
なかなかおもしろかった。いろいろ大変みたいですね。
それにしてもかなりゆっくりと見学させていただけた。
通常よりゆっくり見せていただけたんじゃないかな〜。
良い体験をさせていただきありがとうございました!

すばるを遠くから眺めて
a0055218_67218.jpg


a0055218_69408.jpg

さて下山、と思ったら下から短パン姿のおじさんが...
a0055218_6101934.jpg
しかも徒歩(走り)。
寒くないのかなと眺めてきたら寄ってきて
「オニヅカまでおりるなら、のせてって?20分で戻るから。」
「いいけど?」
といいながらもぽかん、としていると
Sさんに持っている荷物を預けてさっさと走って行ってしまった。
どうやら、彼、本当の山頂に登るようなのだ。


実はマウナケアの本当の山頂は別にあり、そこにはヘイアウがある。
a0055218_6103552.jpg

そこまでは徒歩でしかいくことができないのだ。

a0055218_6114621.jpg

本当に20分で戻ってくるのかな〜?と思って見ていると。

30秒経過。
a0055218_6105261.jpg

もうあんなところに!

2分経過。
a0055218_6111067.jpg

着々と登っています。

5分後
a0055218_6112546.jpg
到着〜。早っ(驚!)

あっというまに戻ってきたおじさんを車に乗せてあげて、オニヅカまで。


車の中で話をきいてみると、おじさんは55歳!
カリフォルニアから旅行できているらしく、
オニヅカビジターセンターまで、ひとりで車で来て、
4時間かけて山頂までトレイルを登ってきたらしい。
(家族はビーチでのんびりしているんだって。)

数日前にはマウイ島のハレアカラに登り、
明日はマウナロアに登って、
その後はキラウェアにも行きたいらしい。
うーん、元気ですね〜。

マウナケア山頂に行く途中に湖があって綺麗だった、とデジカメの写真も見せてくれたり、
(私は運転中で見れなかった。残念〜)その湖で採った水を見せてくれたり。
a0055218_612289.jpg
おじさんはお礼にと、お茶をごちそうしてくれました。
ありがとう、おじさん。
この先も気をつけて、良い旅を〜。


我々は持ってきたお弁当をのんびりと食べ、帰途へ。
3時にはコナに帰れるかな、なんて思っていたらオニヅカで既に3時!!
コナに帰り着いたのは5時前でした。
疲れたけど楽しかった〜。またしても良い思い出ができました。
a0055218_6414155.jpg


by tomontheshore | 2006-07-12 23:59 | HAWAIIAN EXPERIENCE


<< マウイに行ってきました。      ピンクシャワー&ソーイングサー... >>